So-net無料ブログ作成
検索選択
Oscar Peterson ブログトップ

Tea for Two [Oscar Peterson]

暑い日が続きます。

暑気払いに1曲…ご機嫌な曲で暑さを吹き飛ばして下さい。

(確か)9種類の SongBook の中から Harry Warren & Vincent Youmans Songbooks
Harry Warren & Vincent Youmans Songbooks_1.jpg

Lullaby Of Broadway
Serenade In Blue
You'll Never Know
I Had The Craziest Dream
I Only Have Eyes For You
Chattanooga Choo-Choo
More Than You Know
Carioca
Without A Song
Drums In My Heart
Time On My Hands
Great Day
Tea For Two
Time On My Hands
I Know That You Know
Sometimes I'm Happy
Great Day
More Than You Know
Hallelujah
Carioca
Without A Song
I Want To Be Happy
Nagasaki
Serenade In Blue
Lullaby Of Broadway
I Found A Million Dollar Baby
Would You Like To Take A Walk?
I'll String Along With You
I Only Have Eyes For You
You Must Have Been A Beautiful Baby
You're Getting To Be A Habit With Me
Chattanooga Choo Choo
You're My Everything
Tea for Two (Live in Los Angeles, 1952)

ジャケットも素敵です。

The London House Sessions (Complete London House) [Oscar Peterson]

以前、The Trio で取り上げた The London House でのライブ録音 5枚組 アルバムで、300タイトル(?…沢山)前後あるPeterson の中でも明るく元気いっぱいで聴く機会の多いアルバムです。
13443_lg_1.jpg
【使って居る写真はネットで検索して拝借致しましたので、ロイヤリティで問題が有る場合はご一報頂ければ即座に削除致します】
このアルバムは既に廃版となり某オンライショップではお決まりの高額商品化して居ます。

ここでのアップロードファイルは容量制限により音質を落としていますので、気に入って欲しいと思った方は清水の舞台から思い切って飛び降りて下さい。
但し、私は責任を負いません。(笑)
いずれ本当の意味での Complete 盤 が出そうな気が…
なお、この Session の評論は コチラコチラ を参考にして下さい(プロのご意見です)
因みに、ここで紹介,分売されて居る 4枚も生憎持ち合わせて居るのです…如何にチャント聴いていないか解りますね(笑)

[Disc 1]
1-01 I've Never Been In Love Before
1-02 In The Wee Small Hours Of The M
1-03 Chicago
1-04 The Night We Called It A Day
1-05 Sometimes I'm Happy
1-06 Whisper Not
1-07 Billy Boy
1-08 Tricrotism
1-09 Billy Boy (previously unissued)

[Disc 2]
2-01 On Green Dolphin Street
2-02 Thag's Dance
2-03 Ill Wind
2-04 Kadota's Blues
2-05 Put On A Happy Face
2-06 Old Folks
2-07 Woody 'n' You
2-08 Yesterdays

[Disc 3]
3-01 Diablo
3-02 Soon
3-03 The Lonesome One
3-04 There Is No Greater Love
3-05 I Remember Clifford
3-06 Autumn Leaves
3-07 Blues For Big Scotia
3-08 Swamp Fire
3-09 I Love You
3-10 It Happened In Monterey
3-11 Billy Boy

[Disc 4] - 未発表曲
4-01 Introduction
4-02 On Green Dolphin Street (previo
4-03 Moanin' (previously unissued)
4-04 Billy Boy (previously unissued)
4-05 Scrapple From The Apple (previo
4-06 Jim (previously unissued)
4-07 Band Call (previously unissued)
4-08 The Night We Called It A Day (p
4-09 The Lonesome One (previously un
4-10 The Gravy Waltz (previously uni
4-11 Woody 'n' You (previously uniss
4-12 Soon (previously unissued)
4-13 Daahoud (previously unissued)

[Disc 5] - 未発表曲
5-01 As Long As There's Music (previ
5-02 Close Your Eyes (previously uni
5-03 Cubano Chant (previously unissu
5-04 Sometimes I'm Happy (previously
5-05 Sophisticated Lady (previously
5-06 Better Luck Next Time (previous
5-07 Confirmation (previously unissu

The Trio [Oscar Peterson]

一人の演奏家が同名のアルバム複数出す…非常に紛らわしい事です。
私は数年前まで勘違いをして居ました。

それは Oscar PetersonThe TRIO と云うアルバムです。

片方の名盤として名高いアルバムは 1961 年に出され、同年発売の The Sound of the Trio 翌年 1962 年に発売された Something Warm 及び Put On a Happy Face と シカゴにある The London House でのライブ録音のシリーズの一部として発売されて居て(好きな方は既にご存じの事と思います)それらは 1996 年にまとめられ CD 2枚分の未発表曲とともに 5枚組 The London House Sessions として発売されました。
the trio-live in chicago
01 Ive Never Been In Love Before
02 In the Wee Small Hours Of the Morning
03 Chicago
04 The Night We Called It A Day
05 Sometimes I'm Happy
06 Whisper Not
07 Billy Boy
08 The lonesom One
09 The Gravy Waltz
10 Woody 'n' You
11 Soon
12 Daahoud
Oscar Peterson (p)
Ray Brown (b)
Ed Thigpen (ds)

で、もう片方のアルバム1973 年に同じタイトルで、演奏者が Joe Pass, Niels-Henning Ørsted Pedersen のトリオで発売されて居ます(このアルバムは同年 ドイツで Grammy Award for Best Jazz Instrumental Album と云うジャズレコードの賞を貰っているそうです)
the trio 02 _1
01 Blues Etude
02 Chicago Blues
03 Easy Listenin Blues
04 Come Sunday
05 Secret Love

片や Peterson の名盤として名声を博し、片やジャズレコードとして受賞すると云う…
で、私は双方を一つの、同じアルバムだとばかり思って…居ましたが、聴いてみると両方とも良いアルバムには変わり有りませんでした。

流石に Peterson のアルバムには当たり外れがありませんね。

アップロードファイルの容量制限が有り変換レートを小さく取って居ますので、音質が劣化しています事をご了承下さい。
Oscar Peterson ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。