So-net無料ブログ作成

後ろから… [雑記]

毎日 蒸し暑い日が続いています。

蒸し暑い夜になると思い出すお話を…
私は大学を卒業して暫く苫小牧市にある会社に籍を置いて居ました。

苫小牧から支笏湖半までの道はカーブが多く、また数キロに及ぶ直線道路があったり、新車の慣らし運転には最高のコースがありましたが、道幅が狭く事故も多くかなりの若者が命を落としていると聞いて居ましたし、秋口になって草木が枯れ出すと路肩に落ち転倒した車をよく見かける事が有りました。

実際私の車の直前を走って居た車がカーブを曲がった直後、戻しきれずに路肩を駆け上がり道路に転げ落ちてくるのを見た事が有ります。
幸いその時のドライバーは顔をハンドルにぶつけただけで済み大した怪我はして居ませんでした。

私が就職した頃は苫小牧から支笏湖を抜け札幌へ至る道の湖畔に当たる一部分は有料道路になっていてそこからの山道はコーナリングの練習に最適な道路で帰省時は多少遠回りになりますがよく走ったものです。

その支笏湖半の有料道路を過ぎて山道にさしかかる所にT字路があり、そこを左に曲がると湖畔の秘湯「丸駒温泉」があり右に曲がると札幌方面へとなります。
そのT字路を右に曲がってすぐの所に沢に掛かる小さな橋が2本有り、帰省途中にその橋の欄干に腰を掛けている人の姿を何度か目にしたことが有ります。
何度目かは時刻もかなり遅くなってからで何をしているのだろうと思ったものでした。

その話を行きつけの喫茶店で話た所、その店でよく顔を合わせる某自動車販売店のサービスの人が
「musselwhite さん、それアレですよ… 幽霊らしいですよ…会社の同僚の何人かも目にしていると云っていますし…」
「結構有名な話ですよ…」
その話を聞いて以降、小心者の私は暫くその道を走るのを止めました。

それから数年後知り合いの既婚女性にその話をした所、

女性:実はmusselwhiteさん、先日恐ろしい事が有ったのですよ…。

私:どうしました? 幽霊ですか?(笑)

女性:そうなんです。

女性:金曜日の夜、主人の実家へ帰ろうと支笏湖へ向かって走って居たのですが、何だか主人の運転がふらつくので居眠りでもして居るのかなと…運転席の主人を見た所…運転席の後ろの席から運転している主人の両肩に手を掛けなにやら耳元で囁いている女性が居るんですよ。

私:ゾ~~~…

女性:主人はカッと目を見開いてその女性の言葉にいちいち反応して返事をして居るのです。

女性:私は無我夢中で… “あなた、あなたシッカリして” と大声を出すと、主人の両肩に手を掛けていた女性に “あんた何してるのよ” と大声で怒鳴り付けました。するとその女性はカッ此方を向きす~っと消えました。

女性が大声で怒鳴ったので驚いたご主人は急ブレーキを踏み停まったのですが、心臓の鼓動が激しくなって居て、ご主人は一瞬の事らしく何も覚えて居なかったそうです。

この話を聞いて以来夜運転する時にルームミラーを見るのが恐ろしく思う様になりました。

不思議な梨ですね~
nice!(18)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 12

ナツパパ

ううう...こわいよぉ。
こういう話、苦手なのに、つい読んじゃうんですよねえ。
今晩眠れるのかなあ(汗)
by ナツパパ (2014-07-25 20:39) 

musselwhite

ナツパパさん ……(笑)

>こわいよぉ
この話を聞いて居る時に…背筋がザワザワとしたのを覚えて居ます。
聞いて居る時は本当にコワイ思いをしました。

今でも夜の運転は…ルームミラーを見るのが恐ろしいです。
by musselwhite (2014-07-25 22:01) 

響

怖い!
でも奥さん幽霊に怒鳴るって強いですね。
by (2014-07-26 03:38) 

musselwhite

響 さん、こんにちは。

>幽霊に怒鳴るって~
ヤッパリ女性で無ければ出来ないでしょうね…男子には無理(笑)
by musselwhite (2014-07-26 11:29) 

てんてん

怖い話ですね~
僕は亡霊を蹴り飛ばしたことがあるんですけろ
今となっては、現実だったのか夢だったのか・・・[__たらーっ]
by てんてん (2014-07-27 10:18) 

musselwhite

てんてん さん、こんにちは。

>亡霊を蹴り飛ばしたことがある~
ゲッ…それはまた剛毅な事を…

でも、いつルームミラーに真っ白な顔が…と思うとゾッとしますね…ブルッ
by musselwhite (2014-07-28 09:08) 

がり

あの世はない。
死んだらそれで終り。何もなし。
だと信じたい私です。
でもでも、どうなんでしょうねぇ。
誰にも分からないから、やはり怖い。
by がり (2014-07-29 14:56) 

musselwhite

がり さん、こんにちは。

>死んだらそれで終り。何もなし~
大きな声では言えませんが…私もそう思っています。
そう云うと年寄りがうるさいので口にはした事は有りませんがね(笑)

でも、実際に不可解な事が有りますよね…

この他にもあと⒉つばかり恐~~イお話があるんですよ…
by musselwhite (2014-07-29 21:14) 

夢旅人

”白熊”さん、こんばんは

幽霊、怪談、万人が面白がる話ですよね。
私も、友人たちと車で雲仙に行った時の話ですが、
雨がショボショボ降っている夜中、車の中で雲仙に行く途中の山道には幽霊が出る。との話をしながら運転。
少し手前の雨の中、カーブを曲がったとたんに、路肩にしゃがんだ人が見えた。
お化けでも幽霊でも無いのであろうが、全員が驚き悲鳴にも似た声を・・・

「怖いもの見たさ」 と言うが、これって本当なんだよね~。
未だに幽霊屋敷なんて見世物が人気を博しているとか。
何だかんだ言っても、本当に怖い物は、”女房” なんだがね~!!
by 夢旅人 (2014-07-31 19:48) 

musselwhite

夢旅人 お暑う御座います。

>「怖いもの見たさ」 と言う~
私は余り…(笑)
根っからの臆病者ですから。

今度幽霊を乗せたと云うタクシーの運転手から聞いた話(本当かどうかは定かではありませんが)を書きますね。

>本当に怖い物は、”女房” ~
いいんですか?
大きな声で言ってしまって !?
by musselwhite (2014-08-01 15:16) 

おぎてつ

僕の姉も霊感が有るようで、同じ様な話には事欠きません。
しかし、幽霊にカツを入れたその女性、大したもんです。尊敬。

おぎてつ
by おぎてつ (2014-08-21 21:19) 

musselwhite

おぎてつ さん、こんにちは。

>幽霊にカツを入れたその女性、大したもんです~
私も話を聞いた時に同じ様な事を彼女に云いましたが必死だったようです。

何時も おぎてつ さんのブログを拝見して何か気の利いたコメントをと思って居るのですが知識が追い付かず無言で退散しています。
申し訳有りません。
by musselwhite (2014-08-29 09:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0