So-net無料ブログ作成
検索選択

ビブラムソール#100 ファイヤー&アイス [ワードローブ]

時季外れの話題で申し訳有りません。

昨年末、30年位前にワシントン靴店で購入しましたスェードの外羽根ウイングチップの靴底をオールソールしました。

従来のクレープ底が経年変化で硬化し性能を発揮で無くなって居ましたので、雪国の兵隊さんやカナダの消防士さんが履いているビブラムソール#100ファイヤーアイスと云う靴底に交換しました。
ビブラムソール#100ファイヤー&アイス でググって頂くと結構ヒットします。

一冬を通して履いて見た感じはオールウエザータイプで、スケートリンクの様な氷結面では滑る以外(慎重を期して歩くと歩けない事は有りませんが…)はどの様な路面でも歩き易く雪道には抜群の性能を持っています。 濡れた室内の床も滑る事無く歩く事が出来ました。 私の歩き方に合っているのでしょう、お陰で今年に冬は一度も転倒する事無く春を迎える事が出来ました。
雪道は靴底の溝の部分に入って踏み固められた雪と路面の雪との剪断力(せんだんりょく)で踏ん張り滑らず歩く事が出来るのですが、溝が細か過ぎるとこの剪断力が小さくなり踏ん張りが効かなくなり滑り出してしまいますので、キットこのソールのパターンの凹凸の大きさが丁度良いのではないでしょうか。

聞く所によると床にこぼれた油の上でも滑り難いそうです。

クレープソール靴の他にブーツを1足交換し、更に一足作業中だった靴が…
その作業中のブーツが戻って来ました(今まで録り溜めた靴底の写真はHDDと共に昇天してしまいました)
CIMG2153_1.jpg
赤い丸印にある白い十字が目印です
CIMG2154_1.jpg
冬靴として性能に不満は無いのですが、形が形だけに着る服はカントリー調かカジュアルな衣装になッテ仕舞う事が私にとって悩ましいと私個人の意見です…。
CIMG2156_1.jpg
かなりゴツイ姿になって仕舞いますので、靴のスタイル選択に注意です。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 2

夢旅人

”白熊”さん、今晩は

いや~、本当に ”白熊” さんだね~。雪専用の靴なんて。

北海道って、関東から見れば不便と言うか?金がかかるね~。
by 夢旅人 (2014-05-02 22:37) 

musselwhite

夢旅人 さん、こんにちは。

>不便と言うか?金がかかる~
考え様かも知れませんね…冬物と夏物…楽しみに替えて考えるのも良いのかも知れません。
確かに不要なモノならば無駄な出費かも知れませんが…

まあ、その不便な土地の不便な時期にお金をかけて遊びに来る人達が居るのも事実ですね(笑)
by musselwhite (2014-05-03 00:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。